>   五十音順   >   ま行   >   明月来相照
明月來相照

明月來相照

明月めいげつたってあいらす

王維「竹里館」(唐詩選)
獨坐幽篁裏  ひとす 幽篁ゆうこううち
彈琴復長嘯  ことだんじて 長嘯ちょうしょう
深林人不知  深林しんりん ひとらず
明月來相照  明月めいげつ たってあいらす
  • 幽篁 … 奥深く茂った竹やぶ。
  • 長嘯 … 声を長くひきのばして詩歌をうたう。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「無爲の閑道人が『曠然自適』の妙境を長養する様子」とある。【深林人不知明月來相照】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事