>   五十音順   >   た行

た行

【た】

  • 対一説 (たい一説いっせつ
  • 大死一番 (大死だいし一番いちばん
  • 大死底人 (大死だいしていひと
  • 大道透長安 (大道だいどう長安ちょうあんとおる)
  • 大唐打鼓新羅舞 (大唐だいとうつづみてば新羅しんらう)
  • 大道無門 (大道だいどう無門むもん
  • 大用現前不存軌則 (大用だいゆう現前げんぜん軌則きそくそんせず)
  • 体露金風 (体露たいろ金風きんぷう
  • 竹有上下節 (たけじょうふしり)
  • 竹密不妨流水過 (たけみつにしてさまたげず流水りゅうすいぐるを)
  • 扶過断橋水 (たすけては断橋だんきょうみずぐ)
  • 唯嫌揀択 (ただ揀択けんじゃくきらう)
  • 只在此山中 (山中さんちゅうらん)
  • 只是時人聴断腸 (ときひといて断腸だんちょうす)
  • 渓深杓柄長 (たにふこうして杓柄しゃくへいながし)
  • 楽亦在其中 (たのしみうちり)
  • 短者短法身 (短者たんじゃ短法身たんほっしん

【ち】

  • 近聴声愈好 (ちかけばこえいよいよし)
  • 竹影掃階塵不動 (竹影ちくえいかいはらってちりどうぜず)
  • 癡人猶戽夜塘水 (癡人ちじん夜塘やとうみず
  • 池塘生春草 (池塘ちとう春草しゅんそうしょうず)
  • 茶是長寿友 (ちゃ長寿ちょうじゅとも
  • 茶逢知己喫 (ちゃ知己ちきってきっす)
  • 長安一片月 (長安ちょうあん一片いっぺんつき
  • 長者長法身 (長者ちょうじゃ長法身ちょうほっしん
  • 長笛出雲来 (長笛ちょうてきくもきたる)

【つ】

  • 月落不離天 (つきちててんはなれず)
  • 月穿潭底水無痕 (つき潭底たんてい穿うがってみずあとし)
  • 月白風清 (つきしろかぜきよし)
  • 有月落波心 (つき波心はしんつるり)
  • 月在青天水在瓶 (つき青天せいてんってみずへいり)
  • 泣露千般草 (つゆ千般せんぱんくさ

【て】

  • 庭前柏樹子 (庭前ていぜん柏樹子はくじゅし
  • 鉄鈷舞三台 (鉄鈷てっこ三台さんだいう)
  • 殿閣生微涼 (殿閣でんかく微涼びりょうしょうず)
  • 与天下人作陰涼 (天下てんかひとため陰涼いんりょうらん)
  • 電光影裏斬春風 (電光でんこう影裏ようり春風しゅんぷうる)
  • 天際日上月下 (天際てんさいのぼつきくだる)
  • 田厙奴 (田厙でんしゃ
  • 天上天下唯我独尊 (天上てんじょう天下てんげ唯我ゆいが独尊どくそん
  • 転処実能幽 (転処てんじょじつゆうなり)
  • 天共白雲暁 (てん白雲はくうんともく)

【と】

  • 桃花依旧笑春風 (桃花とうかきゅうって春風しゅんぷうむ)
  • 東山水上行 (東山とうざん水上すいじょうこう
  • 洞中春色人難見 (洞中とうちゅう春色しゅんしょくひとがたし)
  • 到頭霜夜月 (到頭とうとう霜夜そうやつき
  • 東風吹散梅梢雪 (東風とうふうさん梅梢ばいしょうゆき
  • 時不待人 (ときひとたず) → 光陰可惜時不待人
  • 独坐大雄峰 (独坐どくざ大雄峰だいゆうほう
  • 独坐鎮寰宇 (独坐どくざして寰宇かんうしずむ)
  • 髑髏裏眼睛 (髑髏どくろ眼睛がんぜい
  • 伴帰無月村 (ともなっては無月むげつむらかえる)
  • 虎嘯風生 (とらうそぶけばかぜしょうず)
  • 鳥倦飛而知還 (とりぶにんでかえるをる)
  • 鳥啣花落碧巌前 (とりはなふくんで碧巌へきがんまえつ)
  • 鳥宿池中樹 (とり宿やど池中ちちゅうじゅ
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ