>   月別   >   四月向けの禅語

四月向けの禅語

  • 幾片落花随水去 (幾片いくへん落花らっかみずしたがってる)
  • 一華開五葉 (一華いっか五葉ごようひらく)
  • 一花開天下春 (一花いっかひらいて天下てんかはるなり)
  • 花枝自短長 (花枝かしおのずか短長たんちょう
  • 風暖鳥声砕 (かぜあたたかにして鳥声ちょうせいくだく)
  • 山花開似錦 (山花さんかひらいてにしきたり)
  • 春色無高下 (春色しゅんしょく高下こうげし)
  • 洞中春色人難見 (洞中とうちゅう春色しゅんしょくひとがたし)
  • 拈華微笑 (拈華ねんげ微笑みしょう
  • 弄花香満衣 (はなろうすればかおりころもつ)
  • 春入千林処々花 (はる千林せんりん処々しょしょはな
  • 落花有意随流水 (落花らっかって流水りゅうすいしたがう)
  • 落花随流水 (落花らっか流水りゅうすいしたがう)
  • 柳緑花紅 (やなぎみどりはなくれない
  • 梨花一枝春 (梨花りか一枝いっしはる
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事