>   五十音順   >   さ行

さ行

【さ】

  • 歳月不待人 (歳月さいげつひとたず)
  • 彩鳳舞丹霄 (彩鳳さいほう丹霄たんしょうう)
  • 坐久成労 (坐久ざきゅう成労じょうろう
  • 昨夜一声雁 (昨夜さくや一声いっせいかり
  • 酒逢知己飲 (さけ知己ちきってむ)
  • 坐看雲起時 (してはくもこるとき
  • 更参三十年 (さらさんぜよ三十年さんじゅうねん
  • 更上一層楼 (さらのぼ一層いっそうろう
  • 猿抱子帰青嶂後 (さるいだいて青嶂せいしょうしりえかえる)
  • 沙麓暮鐘声 (沙麓さろく暮鐘ぼしょうこえ
  • 山雲海月情 (山雲さんうん海月かいげつじょう
  • 山家富貴銀千樹 (山家さんか富貴ふうき銀千樹ぎんせんじゅ
  • 山花開似錦 (山花さんかひらいてにしきたり)
  • 三級浪高魚化龍 (三級さんきゅうなみたかくしてうおりゅうす)
  • 珊瑚枝枝撐著月 (珊瑚さんご枝枝ししつき撐著とうじゃくす)
  • 山色豈非清浄身 (山色さんしょくあに清浄身しょうじょうしんあらざらんや)
  • 山色夕陽時 (山色さんしょく夕陽せきようとき
  • 山中無暦日 (山中さんちゅう暦日れきじつし)
  • 三冬鉄樹満林花 (三冬さんとう鉄樹てつじゅ満林まんりんはな

【し】

  • 直指人心 見性成仏 (じき人心にんしん けんしょうじょうぶつ
  • 直心是道場 (直心じきしん道場どうじょう
  • 直透万重関 (じき万重ばんちょうかんとおる)
  • 獅子吼 (獅子吼ししく
  • 至道無難 (至道しどうかたきことし)
  • 詩向会人吟 (するひとむかってぎんず)
  • 詩向快人吟 (快人かいじんむかってぎんず)
  • 経霜楓葉紅 (しも楓葉ふうようくれないなり) → 楓葉経霜紅
  • 赤洒々 (しゃく洒洒しゃしゃ
  • 寂然不動 (寂然じゃくねん不動ふどう
  • 鷓鴣啼在深花裏 (鷓鴣しゃこいて深花しんかり)
  • 且坐喫茶 (且坐しゃざ喫茶きっさ
  • 秋菊有佳色 (秋菊しゅうきく佳色かしょくり)
  • 寿山万丈高 (寿山じゅざん万丈ばんじょうたかし)
  • 主人公 (主人公しゅじんこう
  • 衆善奉行 (衆善しゅぜん奉行ぶぎょう) → 諸悪莫作 衆善奉行
  • 春光生徳沢(春光しゅんこう徳沢とくたくしょうず) → 陽春布徳沢
  • 春光日々新 (春光しゅんこう日々ひびあらたなり)
  • 春色無高下 (春色しゅんしょく高下こうげし)
  • 春水満四沢 (春水しゅんすい四沢したくつ)
  • 春風吹又生 (春風しゅんぷういてまたしょうず)
  • 諸悪莫作 衆善奉行 (諸悪しょあく莫作まくさ 衆善しゅぜん奉行ぶぎょう
  • 生死事大 無常迅速 (生死しょうじ事大じだい 無常むじょう迅速じんそく
  • 松樹千年翠 (松樹しょうじゅ千年せんねんみどり
  • 上善若水 (上善じょうぜんみずごとし)
  • 松潭月色涼 (松潭しょうたん月色げっしょくすずし)
  • 吸尽松風意不塵 (松風しょうふう吸尽きゅうじんしてじんならず)
  • 浄裸々 (じょう裸々らら
  • 深雲古寺鐘 (深雲しんうん古寺こじかね
  • 心外無法満目青山 (心外しんげ無法むほう満目まんもく青山せいざん
  • 尋常一様窓前月 (尋常じんじょう一様いちよう窓前そうぜんつき
  • 人跡板橋霜 (人跡じんせき板橋ばんきょうしも
  • 滅却心頭火自涼 (心頭しんとう滅却めっきゃくすればおのずからすずし)
  • 心随万境転 (しん万境ばんきょうしたがっててんず)
  • 深林人不知 (深林しんりんひとらず)

【す】

  • 瑞気満高堂 (瑞気ずいき高堂こうどうつ)
  • 坐水月道場 (水月すいげつ道場どうじょうす)
  • 随処作主 (随処ずいしょしゅる)
  • 水声松韻一渓深 (水声すいせい松韻しょういん一渓いっけいふかし)
  • 推枕軒中聴雨眠 (推枕すいちん軒中けんちゅうあめいてねむる)
  • 水底石牛吼 (水底すいてい石牛せきぎゅうゆ)
  • 吹毛用了急須磨 (吹毛すいもうもちおわってきゅうすべからくすべし)
  • 芻狗吠天明 (芻狗すうく天明てんめいゆ)

【せ】

  • 清光何処無 (清光せいこういずれのところにかからん)
  • 清坐一味友 (清坐せいざ一味いちみとも
  • 青山元不動 (青山せいざんもとどうぜず)
  • 青松多寿色 (青松せいしょう寿色じゅしょくおおし)
  • 不住青霄裡 (青霄せいしょうとどまらず)
  • 惺惺著 (惺惺せいせいじゃく
  • 聖朝無棄物 (聖朝せいちょう棄物きぶつし)
  • 清風匝地有何極 (清風せいふう匝地そうちなんきわまりからん)
  • 清風万里秋 (清風せいふう万里ばんりあき
  • 清風払明月 (清風せいふう明月めいげつはらう)
  • 清流無間断 (清流せいりゅう間断かんだんし)
  • 清寥寥 (せい寥寥りょうりょう
  • 絶学無為閑道人 (絶学ぜつがく無為むい閑道人かんどうにん
  • 雪後始知松柏操 (雪後せつごはじめて松柏しょうはくみさお
  • 説似一物即不中 (せつ一物いちもつそくちゅう
  • 殺人刀活人剣 (殺人刀せつにんとう活人剣かつにんけん
  • 前三三後三三 (ぜん三三さんさん三三さんさん
  • 洗心 (洗心せんしん
  • 泉声中夜後 (泉声せんせい中夜ちゅうやのち
  • 栴檀林無雑樹 (栴檀林せんだんりん雑樹ざつじゅし)
  • 千峰万峰不肯住 (千峰せんぽう万峰ばんぽうじゅうすることをがえんぜず)
  • 欲窮千里目 (千里せんりきわめんとほっす)

【そ】

  • 曹渓鏡裏絶塵埃 (曹渓そうけい鏡裏きょうり塵埃じんあいぜっす)
  • 霜月照清池 (霜月そうげつ清池せいちらす)
  • 曹源一滴水 (曹源そうげん一滴水いってきすい
  • 僧敲月下門 (そうたた月下げっかもん
  • 霜葉紅於二月花 (霜葉そうよう二月にがつはなよりもくれないなり)
  • 疎影横斜水清浅 (疎影そえい横斜おうしゃみず清浅せいせん
  • 即心是仏 (即心そくしん是仏ぜぶつ
  • 即心即仏 (即心そくしん即仏そくぶつ
  • 啐啄同時 (啐啄そったく同時どうじ
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ