>   五十音順   >   か行

か行

【か】

  • 海月澄無影 (海月かいげつんでかげし)
  • 夏雲多奇峰 (夏雲かうん奇峰きほうおおし)
  • 鑊湯無冷処 (鑊湯かくとう冷処れいじょし)
  • 廓然無聖 (廓然かくねん無聖むしょう
  • 笠重呉天雪 (かさおも呉天ごてんゆき
  • 花枝自短長 (花枝かしおのずか短長たんちょう
  • 風暖鳥声砕 (かぜあたたかにして鳥声ちょうせいくだく)
  • 無風絮自飛 (かぜくしてじょおのずかぶ)
  • 吟風一様松 (かぜぎん一様いちようまつ
  • 和風搭在玉欄干 (かぜして搭在とうざいぎょく欄干らんかん
  • 風吹不動天辺月 (かぜけどもどうぜず天辺てんぺんつき
  • 語尽山雲海月情 (かたくす山雲さんうん海月かいげつじょう) → 山雲海月情
  •  (かつ
  • 花薬欄 (薬欄やくらん
  • 荷葉団団団似鏡 (荷葉かよう団団だんだんとしてまどかなることかがみたり)
  • 寒雲抱幽石 (寒雲かんうん幽石ゆうせきいだく)
  • 端居寰海定龍蛇 (寰海かんかい端居たんごして龍蛇りゅうださだむ)
  • 看脚下 (かん脚下きゃっか
  • 巌谷栽松 (巌谷がんこくまつう)
  • 閑古錐 (閑古錐かんこすい
  • 閑坐聴松風 (閑坐かんざして松風しょうふうく)
  • 寒時寒殺闍梨 (寒時かんじ闍梨じゃり寒殺かんさつす)
  • 寒松一色千年別 (寒松かんしょう一色いっしき千年せんねんべつなり)
  • 澗水湛如藍 (澗水かんすいたたえてあいごとし)
  • 檻前山深水寒 (檻前かんぜんやまふかくしてみずさむし)
  • 寒尽不知年 (かんくれどもとしらず)
  • 寒流石上一株松 (寒流かんりゅう石上せきじょう一株いっしゅまつ
  • 眼横鼻直 (眼横がんのう鼻直びちょく
  • 閑眠高臥対青山 (閑眠かんみん高臥こうが青山せいざんたいす)

【き】

  • 帰家穏坐 (帰家きか穏坐おんざ
  • 菊残猶有傲霜枝 (きくそこなわれてなおしもおごるのえだり)
  • 采菊東籬下 (きく東籬とうりもと
  • 岸懸花倒生 (きしかってはなさかしましょうず)
  • 奪飢人之食 (飢人きじんじきうばう)
  • 喫茶去 (きっ
  • 為君葉葉起清風 (きみため葉葉ようよう清風せいふうおこす) → 葉葉起清風
  • 看脚下 (脚下きゃっかよ) → 看脚下 (かん脚下きゃっか
  • 教外別伝 不立文字 (きょう別伝べつでん りゅうもん
  • 曲終人不見 (きょくわりてひとえず)
  • 漁夫風流玉一簑 (漁夫ぎょふ風流ふうりゅうぎょく一簑いっさ
  • 金烏急玉兎速 (金烏きんうきゅう玉兎ぎょくとすみやかなり)
  • 金風吹玉管 (金風きんぷう玉管ぎょくかんく)
  • 金毛獅子変成狗 (金毛きんもう獅子ししへんじていぬる)
  • 銀椀裏盛雪 (銀椀ぎんわんゆきる)

【く】

  • 修空華万行 (空華くうげ万行まんぎょうしゅうす)
  • 空山啼野猿 (空山くうざん夜猿やえんく)
  • 空手還郷 (空手くうしゅ還郷げんきょう
  • 九月西風驚落葉 (九月くがつ西風せいふう落葉らくようおどろかす)
  • 雲出洞中明 (くもでて洞中とうちゅうあきらかなり)
  • 雲収山岳青 (くもおさまりて山岳さんがくあおし)
  • 雲消山岳露 (くもえて山岳さんがくあらわる)
  • 無雲生嶺上 (くも嶺上れいじょうしょうずるし)
  • 雲在青天水在瓶 (くも青天せいてんってみずへいり)
  • 雲在嶺頭閑不徹 (くも嶺頭れいとうって閑不徹かんふてつ
  • 雲深不知処 (くもふかくしてところらず)
  • 雲無心出岫 (くも無心むしんにしてしゅうず) → 雲無心以出岫
  • 雲無心而出岫 (くも無心むしんにしてしゅうず)
  • 雲無心以出岫 (くも無心むしんにしてもっしゅうず)
  • 停車坐愛楓林晩 (くるまとどめてそぞろあい楓林ふうりんくれ
  • 薫風自南来 (薫風くんぷう南来なんらい

【け】

  • 慶雲生五彩 (慶雲けいうん五彩ごさいしょうず)
  • 軽燕受風斜 (軽燕けいえんかぜけてななめなり)
  • 桂花露香 (桂花けいかつゆかんばし)
  • 渓山雖異雲月是同 (渓山けいざんことなるといえど雲月うんげつおなじ)
  • 渓声便是広長舌 (渓声けいせい便すなわ広長舌こうちょうぜつ
  • 鶏声茅店月 (鶏声けいせい茅店ぼうてんつき
  • 渓辺掃葉夕陽僧 (渓辺けいへん掃葉そうよう夕陽せきようそう
  • 渓林葉堕塞雁声寒 (渓林けいりん塞雁さいがんこえすさまじ)
  • 桂輪孤朗碧天濶 (桂輪けいりんひとほがらかに碧天へきてんひろし)
  • 結果自然成 (結果けっか自然じねんる)
  • 月色波光全体妙 (月色げっしょく波光はこう全体ぜんたいみょうなり)
  • 乾坤只一人 (乾坤けんこんただ一人いちにん
  • 見性成仏 (けんしょうじょうぶつ) → 直指人心見性成仏
  • 玄之又玄衆妙之門 (げんまたげん衆妙しゅうみょうもん

【こ】

  • 光陰可惜 時不待人 (光陰こういんしむし ときひとたず)
  • 行雲流水 (行雲こううん流水りゅうすい
  • 江月照松風吹 (江月こうげつらして松風しょうふうく)
  • 江国春風吹不起 (江国こうこく春風しゅんぷうたず)
  • 黄沙百戦穿金甲 (黄沙こうさ百戦ひゃくせん金甲きんこう穿うがつ)
  • 江上数峰青 (江上こうじょう数峰すうほうあおし)
  • 截断紅塵水一渓 (紅塵こうじん截断せつだんみず一渓いっけい
  • 好雪片片不落別処 (好雪こうせつ片片へんぺん別処べっしょちず)
  • 曠然自適 (曠然こうねんとして自適じてきす)
  • 駆耕夫之牛 (耕夫こうふうしる)
  • 江碧鳥逾白 (こうみどりにしてとりいよいよしろし)
  • 紅炉一点雪 (こう一点いってんゆき
  • 孤舟蓑笠翁 (孤舟こしゅう蓑笠さりゅうおう
  • 古松談般若 (古松こしょう般若はんにゃだんず)
  • 古人刻苦光明必盛大也 (古人こじん刻苦こっく光明こうみょうかなら盛大せいだいなり)
  • 壺中日月長 (壺中こちゅう日月じつげつながし)
  • 兀然無事坐 (兀然こつねんとして無事ぶじす)
  • 事難方見丈夫心 (ことかたくしてまさ丈夫じょうぶこころ
  • 此夜一輪満 (一輪いちりんてり)
  • 湖辺一笑新 (湖辺こへん一笑いっしょうあらたなり)
  • 古木鳴寒鳥 (古木こぼく寒鳥かんちょうく)
  • 枯木再生花 (枯木こぼくふたたはなしょうず)
  • 枯木裏龍吟 (枯木こぼく龍吟りゅうぎん
  • 枯木龍吟 (枯木こぼく龍吟りゅうぎん) → 枯木裏龍吟
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ