>   五十音順   >   さ行   >   欲窮千里目
欲窮千里目

欲窮千里目

千里せんりきわめんとほっ

王之渙おうしかん鸛鵲楼かんじゃくろうのぼる」(唐詩選)
白日依山盡  白日はくじつ やまりて
黄河入海流  黄河こうが うみりてなが
欲窮千里目  千里せんりきわめんとほっ
更上一層樓  さらのぼる 一層いっそうろう
  • 白日 … 通常は輝く太陽のことであるが、ここでは輝く夕陽をさす。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「千里のながめを見きわめようとして、さらにたかどのの一階高いところに登る」とある。【欲窮千里目、更上一層楼】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「遠方を望まんとして更に高い樓へ上る。向上は努力より」とある。【欲窮千里目更上一層樓】
  • 『禅語字彙』には、「大分結構な境界なれど、百尺竿頭進一歩が肝要じやの意」とある。【欲窮千里目更上一層樓】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事