>   五十音順   >   あ行   >   飢来喫飯寒到添衣
飢來喫飯寒到添衣

飢來喫飯寒到添衣

うえたればはんきっし、かんいたればころも

『白雲守端禅師広録』
飢來要喫飯寒到即添衣。困時伸脚睡。熱處要風吹。
うえたればはんきっせんことをようし、かんいたればすなわころもう。こんずるときあしべてねむり、熱処ねっしょにはかぜかんことをようす。
  • 『臨済録』では「飢來喫飯。睡來合眼」に作る。『禅関策進』では「饑來吃飯。困來打眠」に作る。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「腹が減ったらめしを食い、疲れたら眠る。自在な自受用三昧」とある。【飢来喫飯困来眠】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「至人任運自在の妙境界。安樂至極、心にかかる何物もなし。無心のすぐれたはたらき」とある。【飢來喫飯困來眠】【飢來喫飯冷添衣】
  • 『禅語字彙』には、「此の外に佛法無し」とある。【飢來喫飯因來眠】【飢來喫飯冷添衣】
  • 『句雙葛藤鈔』には「絶學無爲ノ閑道人ハ造作ガナイゾ作用二道也」とある。【飢來喫飯困來打眠】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事