>   五十音順   >   あ行   >   暗頭来暗頭打
暗頭來暗頭打

暗頭來暗頭打

暗頭来あんとうらい暗頭あんとう

『臨済録』勘弁
明頭來明頭打。暗頭來暗頭打
明頭来めいとうらい明頭めいとう暗頭来あんとうらい暗頭あんとう
  • 明頭来 … 「みょうとうらい」とも。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「暗頭はくらいこと、分別がつかないこと。暗の時は暗にしたがい、それに対処する」とある。【暗頭來暗頭打】
  • 『禅語字彙』には、「明頭に問ひ來らば明頭に打し、暗頭に問ひ來らば暗頭に打せん。明とは意旨を隱さぬをいひ、暗とは隱すをいふ」とある。【明頭來明頭打暗頭來暗頭打】
  • 有馬頼底監修『茶席の禅語大辞典』には、「普化ふけ禅師のの一節。普化はいつも鈴を鳴らしながらこう言っていたという。『明(差別の立場)でくれば明を打ち、暗(平等)でくれば暗を打つ。どんな立場から来ようとも、打って打って打ち破ってやる』かの臨済禅師をも舌を巻くほどの厳しい態度。一切の分別を徹底的に滅し尽くした人には、何人たりとも寄りつけぬ」とある。【明頭来明頭打、暗頭来暗頭打】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事