>   五十音順   >   た行   >   大唐打鼓新羅舞
大唐打鼓新羅舞

大唐打鼓新羅舞

大唐だいとうつづみてば新羅しんら

『碧巌録』第二十四則
磨云。來日臺山大會齋。和尚還去麼。(箭不虚發。大唐打鼓新羅舞。放去太速收來太遲。)
いわく、来日らいじつ台山たいさん大会だいえさいあり、和尚おしょうかえって。(みだりはっせず、大唐だいとうつづみてば新羅しんらう。放去ほうきょはなはすみやかに、収来しゅうらいはなはおそし。)
  • 『新版 禅学大辞典』には、「唐で鼓を打てば新羅でそれに和して舞をまうということ。転じて、知音と知音とは千里の遠きにあっても、その距離を越えてあい通ずること。また自他遠近の相を滅すると、万物と同道唱和することができること。南山打鼓、北山作舞」とある。【大唐打鼓新羅舞】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「大唐の都に居る者が太鼓を打ち鳴らすと、地の果てに居る者が舞い踊る。阿吽の呼吸で交される応酬の見事さをいう」とある。【大唐打鼓新羅舞】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「無心にして打ち無心にして舞う。悟りの上に遠近なし」とある。【大唐打皷新羅舞】
  • 『禅語字彙』には、「こちらで囃せば、向うで踊る意。知音同士に遠近の距離なきをいふ」とある。【大唐打鼓新羅舞】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事