>   五十音順   >   た行   >   独坐鎮寰宇
獨坐鎭寰宇

獨坐鎭寰宇

独坐どくざして寰宇かんうしず

『続灯録』巻四、琅邪ろうや慧覚えかく禅師章
僧曰。如何是主中主。師云。獨坐鎮寰宇
そういわく、「如何いかなるか主中しゅちゅうしゅ」。いわく、「独坐どくざして寰宇かんうしずむ」。
  • 『禅林句集』では出典を『人天にんでん眼目がんもく』(1188年成立)とするが、『建中靖国続灯録』(1101年成立)の方が古い。
  • 鎮 … 鎮定。「ちんす」とも訓読する。
  • 寰宇 … 天下。世界。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「並ぶ者なき絶対者として世界に君臨する」とある。【独坐鎮寰宇】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「居ながらにして天下を治める。寰宇は天子直轄の領地、轉じて天下又は世界のこと」とある。【獨坐鎭寰宇】
  • 『禅語字彙』には、「寰宇は世界。唯我獨尊、絶對主觀の境地をいふ」とある。【獨坐鎭寰宇】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事