>   五十音順   >   は行   >   白雲自去来
白雲自去來

白雲自去来

白雲はくうんおのずか去来きょらい

とうげん』巻四
〔五灯会元、巻四、霊雲志勤禅師〕
僧問、如何得出離生老病死。師曰、青山元不動、浮雲任去來
そうう、「如何いかん生老病死しょうろうびょうし出離しゅつりすることをん」。いわく、「青山せいざんもとどうぜず、浮雲ふうん去来きょらいするにまかす」。
  • 浮雲任去來 … 『禅林句集』の「白雲自去来」はこの句の変化したもの。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「青山はもとから動かないが、白雲は白雲で行ったり来たりする」とある。【青山元不動、白雲自去来】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「自然の妙景。不動の本性を忘れ、徒らに煩惱の雲に迷う」とある。【青山元不動白雲自去來】
  • 『禅語字彙』には、「本來安定不動なる本分底あるに、衆生は自分勝手に凡聖迷悟なぞと、邪魔な雲を起こして居るのだ」とある。【青山元不動白雲自去來】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……本当にできた人物というものは、外的条件がどのように変わろうとも、あたかも富士山のように泰然として、少しも真実の自己を動ずることなく、順境もとよりよし、逆境また可なりと達観して、いささかも志操を変えることがない。いや、それだけではなく、真の大人物というものは、富士山が去来する雲によってかえって趣きを増すように、逆境や難関に遭遇すると、いよいよその真価を発揮するものである」とある。【青山元不動 白雲自去来】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事