>   五十音順   >   あ行   >   一行三昧
一行三昧

一行三昧

一行いちぎょう三昧ざんまい

『六祖壇経』定慧第四
師示衆云。善知識。一行三昧者。於一切處行住坐臥。常行一直心是也。
しゅしめしていわく、善知識ぜんちしきよ、一行いちぎょう三昧ざんまいとは、一切処いっさいしょいて、行住ぎょうじゅう坐臥ざがつね一直心いちじきしんぎょうずる、れなり。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「天台の四種三昧の一の常坐三昧の内容ともされる。禅宗でも坐禅そのものとするが、(中略)相違がある」とある。【一行三昧】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「心を一行に集中して雜念を起さないこと。一つのことに專心沒頭すること。又坐禪を指す」とある。【一行三昧】
  • 『禅語字彙』には、「終始一事に專心なるをいふ」とある。【一行三昧】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事