>   五十音順   >   ま行   >   又逐落花回
又逐落花回

又逐落花回

また落花らっかうてかえ

『碧巌録』第三十六則
首座云。到什麼處來。始隨芳草去。又逐落花回。座云。大似春意。
首座しゅそいわく、什麼いずれところにかいたたれる。はじめは芳草ほうそうしたがってり、また落花らっかうてかえる。いわく、おおいに春意しゅんいたり。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「はじめ春草をたどって行き、こんどは落花を追って帰る。春の遊山の情景」とある。【始随芳草去、又逐落花回】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「無心にして行じ、無作にして作す妙境界」とある。【始隨芳草去又遂落花回】
  • 『禅語字彙』には、「詩意は、初春に郷を去て晩春に歸村せし句なるも、禪語としては、少しも粘ばり氣にない處をいふたもので、舌頭無骨の機語なり」とある。【始随芳草去又遂落花回】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事