>   五十音順   >   ま行   >   明月上孤峰
明月上孤峰

明月上孤峰

明月めいげつ孤峰こほうのぼ

『景徳伝灯録』巻十七
僧問。如何是不遷義。師曰。落華隨流水明月上孤岑
そうう、「如何いかなるか不遷ふせん」。いわく、「落花らっか流水りゅうすいしたがい、明月めいげつ孤岑こしんのぼる」。
  • 出典では「峰」を「岑」に作るが、同義。
  • 不遷義 … 変わらないもの。
  • 落花 … 散った花びら。
  • 孤峰 … 一つだけそびえる山。
  • 沖本克己/竹貫元勝著『これで大丈夫禅語百科』には、「ぽつねんとそびえる峰に明月が上っている。明月皓々こうこうとして寂寥たる光景。(中略)うつろう自然の情景の中に永遠のすがたを見る立場」とある。【明月上孤峰】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事