>   五十音順   >   ら行・わ   >   落花随流水
落花隨流水

落花隨流水

落花らっか流水りゅうすいしたが

『景徳伝灯録』巻十七
僧問。如何是不遷義。師曰。落華隨流水明月上孤岑。
そうう、「如何いかなるか不遷ふせん」。いわく、「落花らっか流水りゅうすいしたがい、明月めいげつ孤岑こしんのぼる」。
  • 不遷義 … 変わらないもの。
  • 落花 … 散った花びら。
  • 孤岑 … 一つだけそびえる山。「岑」は「峰」と同義。
  • 沖本克己/竹貫元勝著『これで大丈夫禅語百科』には、「空中をひらひらと舞っていた花びらは流水に落ちるとそれにしたがってするすると流れていく。……」とある。【落花随流水】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……落花も無心、流水もまた無心、縁にまかせて送られ、また送るだけのことで、そこにはいささかのはからい心もない。それ故にまた障りなく自在であり、かつ美しいのである。亭主も無心、客もまた無心で、あたかも『落花 流水に随い、流水 落花を送る』というように応酬しあったら、それこそ楽しい茶会というものであろう」とある。【落花随流水】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事