>   五十音順   >   ま行   >   猛虎当路坐
猛虎當路坐

猛虎當路坐

猛虎もうこみちあたりて

どうろく』、『とうげん』他
〔五灯会元、巻十七、宝峰克文禅師〕
龍垂語云、鐘樓上念讚、牀脚下種菜。有人下得語契、便往住持。勝上座云、猛虎當路坐。龍遂令去住黄檗。
りょう垂語すいごしていわく、鐘楼上しょうろうじょう念讃ねんさんし、牀脚下しょうきゃっかさいう。ひとってくだかなわば、便すなわかしめて住持じゅうじせしめん、と。勝上座しょうじょうざいわく、猛虎もうこみちあたりてす、と。りょうついって黄檗おうばくじゅうせしむ。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「うっかり傍を通れない。佛祖も寄りつくことのできない大力量人をいう」とある。【猛虎當路坐】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「猛虎が行くてに立ちふさがる。進めば生命を失う、退けば本分が果たせない、じっとしていれば朽ちはてる。進退谷まったところ」とある。【猛虎当路坐】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「ウツカリは通れない。如何なる人も寄りつくことはできぬ」とある。【猛虎當路坐】
  • 『禅語字彙』には、「佛祖も寄り付くことの出來ぬ意。沒量の大人格をいふ」とある。【猛虎當路坐】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事