>   五十音順   >   ま行   >   従門入者不是家珍
從門入者不是家珍

從門入者不是家珍

もんよりもの家珍かちんにあらず

『碧巌録』第五則
巖頭喝云。爾不見道。從門入者不是家珍
巌頭がんとうかっしていわく、「なんじうことをずや、もんよりもの家珍かちんにあらず」。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「真の珍宝は自分の家の中にある。嵓頭に因む語。悟りは本具の佛性を明らめることであって外に向かって求めても得られないの意」とある。【從門入者不是家珍】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「外から仕入れたものは本来所蔵している家宝とは違う」とある。【従門入者不是家珍】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「人から教えられたのでは役に立たぬ。自分で苦修して体得したものこそ貴い」とある。【從門入者不是家珍】
  • 『禅語字彙』には、「人から敎へられたのでは駄目じや。自分で苦心して得たもので無ければ、役にたゝぬぞ」とある。【從門入者不是家珍】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事