>   五十音順   >   な行   >   日面仏月面仏
日面佛月面佛

日面佛月面佛

日面仏にちめんぶつ月面仏がちめんぶつ

『碧巌録』第三則
擧。馬大師不安。院主問。和尚。近日尊候如何。大師云。日面佛月面佛
す、大師だいし不安ふあん院主いんじゅう、和尚おしょう近日きんじつ尊候そんこう如何いかん大師だいしいわく、日面仏にちめんぶつ月面仏がちめんぶつ
  • 『新版 禅学大辞典』には、「(1)日面佛は一八〇〇歳の長寿を保つとされる佛、月面佛は一日一夜の長寿を保つとされる佛の名。日・夜の縁語。(2)馬祖道一がこの語に寄せて、寿命の長短・生滅去来の相を絶した本具佛性に契当すべきことを指示したもの」とある。【日面佛月面佛】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「太陽の顔をして赫々と光り輝く仏と、満月の顔をして静かに冴えわたる仏」とある。【日面仏、月面仏】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「日面、月面に用なし。この語に馬祖禪師の眞面目を見よ」とある。【日面佛月面佛】
  • 『禅語字彙』には、「日面佛は、賢劫千佛の第二百二佛にして、一日一夜の壽命を保ち、月面佛は、賢劫千佛の第八百五十八佛にして、一千八百歳の壽を保つといふ。馬祖大師の、院主の病を問ひたる時に答へたる此語は、上の如き佛名經の説の如きは、更に用無し。是れ叢林の一葛藤なれば參じて其玄旨を知るべし」とある。【日面佛月面佛】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事