>   五十音順   >   な行   >   人面不知何処去
人面不知何處去

人面不知何處去

人面にんめんらず何処いずこにかるを

崔護さいご都城とじょう南荘なんそうだいす」(題都城南莊)
去年今日此門中   去年きょねん今日こんにち もんなか
人面桃花相映紅   人面にんめん 桃花とうか あいえいじてくれないなり
人面不知何處在   人面にんめんらず 何処いずこにかるを
桃花依舊笑春風    桃花とうか きゅうって春風しゅんぷう
  • 題都城南莊 … 『全唐詩』巻368収録。なお、この故事については『太平広記』巻274に見える。
  • 人面 … 人の顔。
  • 不知 … 『全唐詩』には「一作祗今」との注がある。
  • 何處在 … 『太平広記』『禅林句集』では「何處去」に作る。
  • 依舊 … 以前と変わらず。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「……桃花のようだったあの人の顔は一体どこに消えたのだろうか、桃の花はもとどおり春の風に咲いているのに」とある。【人面不知何処去、桃花依旧笑春風】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず、油斷するなよ」とある。【人面不知何處去桃花依舊笑春風】
  • 『禅語字彙』には、「年々歳々、花相似たり、年々歳々、人相同じからず。油斷をすれば人に笑はるゝぞ」とある。【人面不知何處去桃花依舊笑春風】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事