>   五十音順   >   ら行・わ   >   梨花一枝春
梨花一枝春

梨花一枝春

梨花りか一枝いっしはる

白居易「長恨ちょうごん
玉容寂寞涙闌干   玉容ぎょくよう寂寞せきばくとして なみだ 闌干らんかん
梨花一枝春帶雨   梨花りか一枝いっし はる あめ
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「梨花の一枝に春は十分」とある。【梨花一枝春】
  • 『禅語字彙』には、「一枝の梨花にも、天下の春は現はれてゐる也」とある。【梨花一枝春】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……その梨の花の一脈どこかにうれいを含んだ清艶な風情と、まもなく逝ってしまう春のトロリとした空気とを感じさせる佳句である。しかし、禅者がよくこの句を書くのは、これまた単に叙景詩としてすぐれているからだけではあるまい。おそらく、『わずか一枝の梨花にも天下の春は十二分にあらわれている。脈々たる宇宙の大生命は楚々たる一茎のペンペン草にも、一枝の梨花にも宿り、時を得て発露しているワイ』という感慨をこめて、この句を揮毫するのである」とある。【梨花一枝春】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事