>   五十音順   >   さ行   >   春風吹又生
春風吹又生

春風吹又生

春風しゅんぷういてまたしょう

白居易「原草げんそうべつおくる」
離離原上草  離離りりたり原上げんじょうくさ
一歳一枯榮  一歳いっさいひとたび枯栄こえい
野火燒不盡  野火やかけどもきず
春風吹又生  春風しゅんぷういてまたしょう
  • 『唐詩三百首』巻5(五言律詩)所収。ウィキソース「賦得古原草送別」参照。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「……野火が焼いても根絶やしにはできず、春風が吹くとまた萌え出でる、そのような雑草の根強さを煩悩妄想のきりのなさに喩える」とある。【野火焼不尽、春風吹又生】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「煩惱の草が浮世の風に萌え出した。又生滅不斷の意」とある。【野火燒不盡春風吹又生】
  • 『禅語字彙』には、「禪語としては、無明の荒草、浮世の風にさそはれて又萠へ出したの意。又生滅不斷の意。……」とある。【野火燒不盡春風吹又生】
  • 有馬頼底監修『茶席の禅語大辞典』には、「……冬枯れの草を野火がすっかり焼き尽くしたかと思いきや、春になって暖かな風が吹く頃になるとまた再び芽生えてきた。煩悩妄想の荒草も、注意しないとまた芽を出して蔓延はびこる。ご用心、ご用心。何ごとも不断の精進が必要である」とある。【野火焼不尽 春風吹又生】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事