>   五十音順   >   さ行   >   啐啄同時
啐啄同時

啐啄同時

啐啄そったく同時どうじ

『碧巌録』第七則
法眼禪師。有啐啄同時底機。具啐啄同時底用。方能如此答話。
法眼ほうげん禅師ぜんじ啐啄そったく同時どうじていり、啐啄そったく同時どうじていゆうして、まさかくごと答話とうわす。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「修行者と師家との機縁が相投合して、寸隙もないこと」とある。【啐啄同時】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「卵の内からの突っつきと、外からの母雞の突っつきが同時であること」とある。【啐啄同時】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「師家と學人と一如一體の素晴しいはたらき。卵のかえる時、雛が殻の中で啼くを啐といい、その瞬間親鳥が外からつつき破ることを啄という」とある。【啐啄同時】
  • 『禅語字彙』には、「卵のかえる時、雛が中から『ツヽク』を啐、親鳥が外から破るを啄といふ。學人の大悟の機の熟したるを見て、師家が悟りの動機を與へるをいふ。啐、字音『サイ』なるも普通『ソツ』又は『ソク』と讀めり」とある。【啐啄之機】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事