>   五十音順   >   た行   >   竹影掃階塵不動
竹影掃階塵不動

竹影掃堦塵不動

竹影ちくえいかいはらってちりうごかず

とうげん』他
〔五灯会元、巻十六、雲峰志璿禅師〕
上堂、聲色頭上睡眠、虎狼群裏安禪、荊棘林内翻身、雪刃叢中遊戲。竹影掃堦塵不動、月穿潭底水無痕。
上堂じょうどう、「声色頭上しょうしきとうじょう睡眠すいめんし、虎狼群裏ころうぐんり安禅あんぜんし、荊棘林内けいきょくりんないひるがえし、雪刃叢中せつじんそうちゅう遊戯ゆげす。竹影ちくえいかいはらってちりうごかず、つき潭底たんてい穿うがってみずあとし」。
  • 階 … 階段。きざはし。
  • 潭底 … 淵の底。深い水底。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「竹の影がきざはしを掃いても塵は動かない、月の光が水底まで貫いても水はその迹を残さない。『無事の人』の在り方を喩える」とある。【竹影掃階塵不動、月穿潭底水無痕】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「自己忘却底の一擧一動は、一切無染汚なり。明暗双々無作の妙用を云う」とある。【竹影掃階塵不動月穿潭底水無痕】
  • 『禅語字彙』には、「自己を忘じたる一擧一動の不染汚なるをいふ」とある。【竹影掃階塵不動月穿潭底水無痕】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事