>   五十音順   >   た行   >   大用現前不存軌則
大用現前不存軌則

大用現前不存軌則

大用だいゆう現前げんぜん軌則きそくそんせず

『碧巌録』第三則
垂示云。一機一境。一言一句。且圖有箇入處。好肉上剜瘡。成窠成窟。大用現前不存軌則。且圖知有向上事。
垂示すいじいわく、一機いっき一境いっきょう一言いちごん一句いっくしばら入処にっしょらんことをはかる。好肉こうにくじょうきずえぐり、くつす。大用だいゆう現前げんぜん軌則きそくそんせず。しばら向上こうじょうることをらしめんとはかる。
  • 大用 … 大いなる作用・働き。殺活自在の働き。
  • 軌則 … 一定のルール。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「殺活自在・無為無作の働きは軌則を超越した縦横自在の活動である。師家の学人接得に一定の軌轍を立てず、与奪時に随い、強弱変に応じた縦横自在の作略をもいう」とある。【大用現前是大軌則】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「偉大な人物が発揮するはたらきは、一定のルールに枠付けされない」とある。【大用現前、不存軌則】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「大悟せる者のはたらきは自在無礙、規則を超えて規則に外れぬ」とある。【大用現前不存軌則】
  • 『禅語字彙』には、「大機の大用底、即ち是道なれば、別に軌則を存せずの意」とある。【大用現前不存軌則】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事