>   五十音順   >   は行   >   八風吹不動
八風吹不動

八風吹不動

八風はっぷうけどもどうぜず

『寒山詩』他
〔寒山詩〕
寒山無漏巖  寒山かんざん無漏むろいわお
其巖甚濟要  いわおはなは済要せいようなり
八風吹不動  八風はっぷうけどもどうぜず
萬古人傳妙  万古ばんこ ひとみょうつた
  • 『新版 禅学大辞典』には、「世に人心を動揺させる八風が吹いても、正法に安住して決して動揺することのないこと」とある。【八風吹不動】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「一心の安立確乎不動なること。八風とは利、衰、毀、譽、稱、譏、苦、樂の人心を煽動せんとする八種のものを指す」とある。【八風吹不動】
  • 『禅語字彙』には、「八風とは、利衰毀譽稱譏苦樂の八にて、此等は皆な人の感情を動搖せしむるものなるに依り、八風と稱せる也。如何なる事にも動せざる、確固不拔の心操をいふ」とある。【八風吹不動】
  • 沖本克己/竹貫元勝著『これで大丈夫禅語百科』には、「……寒山にある岩窟は、八風が吹いてもものともしない。永遠に世の中にこの妙なる道理を伝える。八風とは、人心を動揺させる八つの幸不幸の状態で、すいしょうらくのこと」とある。【八風吹不動】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事