>   五十音順   >   さ行   >   寂然不動
寂然不動

寂然不動

寂然じゃくねん不動ふどう

『易経』繫辞伝上
易無思也、無爲也。寂然不動、感而遂通天下之故。非天下之至神、其孰能與於此。
えきおもうこときなり、すこときなり。寂然せきぜんとしてうごかず、かんじてつい天下てんかことつうず。天下てんか至神ししんあらざれば、たれれにあずからん。
  • 寂然 … 一般的には「せきぜん」「じゃくぜん」であるが、禅語としては「じゃくねん」と読み慣わす。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「花はヒラヒラ寂然不動、水はサラサラ寂然不動。外形に捉われて眞を見失うな」とある。【寂然不動如春在花】
  • 『禅林句集』では「寂然不動、春の花に在るが如し」とある。【寂然不動如春在花】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……何の音響も動きもない死の世界のことをいっているのではない。(中略)動を含んだ静の世界である」とある。【寂然不動】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事