>   五十音順   >   は行   >   福寿海無量
福寿海無量

福寿海無量

福寿ふくじゅかいりょう

『妙法蓮華経』観世音菩薩普門品第二十五
具一切功徳、慈眼視衆生、福聚海無量、是故應頂禮。
一切いっさい功徳くどくし、慈眼じげんをもって衆生しゅじょうれば、福聚ふくじゅうみ無量むりょうなり。ゆえまさ頂礼ちょうらいすべし。
  • 類語に「福海ふくかい千尋せんじんふかし(福海千尋深)」がある。
  • 寿海無量 … この禅語は「福聚海無量」を改変したもの。
  • 福聚海無量 … 福徳が海のように広大に集まること。
  • 福寿 … 幸福と長生き。また、幸福で長命なこと。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「福業が集積していることを海にたとえて福聚海といい、それが無量無限であることを福聚海無量という。観世音菩薩は一切の功徳を具し、大慈悲をもって衆生を救済し、衆生の所依となるので、その福徳の無量であることを福聚海無量という」とある。【福聚海無量】
  • 沖本克己/竹貫元勝著『これで大丈夫禅語百科』には、「『観音経』の『福聚海無量』のヴァリエーションである。福寿とは、福徳、すなわちどく、善行と寿命のことである。この二つが海の如く無限無量であるというめでたさを意味する」とある。【福寿海無量】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事