>   五十音順   >   さ行   >   松樹千年翠
松樹千年翠

松樹千年翠

松樹しょうじゅ千年せんねんみどり

『続伝灯録』巻三十五
松柏千年青。不入時人意。牡丹一日紅。滿城公子醉。
松柏しょうはく千年せんねんあお時人じじんらず。牡丹ぼたん一日いちじつくれない満城まんじょう公子こうしう。
  • 松樹 … 松の木。
  • 『禅林句集』では「松千年」であるが、出典の『続伝灯録』では「松千年」に作る。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「松樹不斷の眞説法も心を向けぬ者には聞えぬ」とある。【松樹千年翠不入時人意】
  • 『禅語字彙』には、「松は千年に不斷の法を説て居るが、世人は一向に注意をせぬの意」とある。【松樹千年翠不入時人意】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「『松柏千年翠』というこの五字一行は、一般にはいつか『松樹千年翠』と変り、『青松多寿色』という句などと同じように、おめでたい句として茶席に使われているようである。(中略)当時の禅界に大きな足跡をのこした禅僧に石田せきでん法薫ほうくん(1171~1245)という和尚がある。この『松柏 千年翠』という句は、実はこの石田の示衆の法語から出ているのである。(中略)石田はこの偈に託して、『世の人びとは、千古不易な本体には意をとどめず、たちまちに流転変化してしまう現象にだけ心を奪われ、うつつをぬかしている。末ばかり追って本を忘れている。それはあたかも牡丹の花の感覚的な美に心を奪われ、松柏の不易な美に無関心なのと似ている』ということを警告しているのである」とある。【松柏千年翠】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事