>   五十音順   >   ま行   >   明月芦花君自看
明月蘆花君自看

明月蘆花君自看

明月めいげつ芦花ろかきみみずか

『碧巌録』、『とうげん
〔碧巌録、第六十二則〕
看看、古岸何人把釣竿。雲冉冉、水漫漫。明月蘆花君自看
よ、古岸こがん何人なんぴと釣竿ちょうかんる。くも冉冉ぜんぜんみず漫漫まんまん明月めいげつ芦花ろかきみみずかよ。
  • 冉冉 … もくもく湧き起こる。
  • 漫漫 … 広々とたたえる。
  • 蘆花 … あしの花。白い花を咲かせる。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「明月と蘆花とがたがいに照りはえ、個別相を消し去った情景」とある。【明月蘆花】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「此の景色は自己の内心に見よ。自悟自得の消息」とある。【明月蘆花君自看】
  • 『禅語字彙』には、「明月と蘆花、其白や相ひ似たり、其物や同じからず。以て同中異、異中同を喩説し、正中偏、偏中正の旨を明すことあり。今此句に、君自看とあり、這箇の看取底は參じて知るべし」とある。【明月蘆花君自看】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事