>   五十音順   >   か行   >   銀椀裏盛雪
銀椀裏盛雪

銀椀裏盛雪

銀椀ぎんわんゆき

『碧巌録』第十三則
擧僧問巴陵。如何是提婆宗。巴陵云。銀椀裏盛雪
す、そう巴陵はりょうう。如何いかなるか提婆宗だいばしゅう。巴陵いわく、銀椀ぎんわんゆきる。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「個別の相対性が消滅して痕跡を留めないことの喩え」とある。【銀椀裏盛雪】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「白上に白を盛る。類して等しからず。見事なこと限りなし」とある。【銀椀裏盛雪】
  • 『禅語字彙』には、「白一色にして朕迹を辨じ難しにて、差別中の平等、平等中の差別の意にいふ。又向上の第一義を目前に示せる機語に用ふ、碧巖第十三則の巴陵の答話の如し」とある。【銀椀裏盛雪】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……白銀の碗に純白な雪を盛ったとすれば、碗と雪とはそれぞれ別個の二つのものであるが、ともに白いためにその見分けがつきがたく、同じ一つのもののように見える。(中略)しかし全く同じものかといえば、碗は碗、雪は雪でそれぞれ独立した二つの別個のものである。(中略)二にして一、一にして二、すなわち不二ふに一如の関係にあることを、大乗仏教では宝鏡ほうきょう三昧ざんまいというのである。(中略)夏の氷水を連想させて涼味をそそるからであろうか、この五字一行は夏の茶席によく掛けられる。(中略)茶席において、主と客とが独立した二つの人格でありながら不二となり、一つの如くでありながらしかも『和して同ぜず』で主客二つの人格とはたらいたら、せめて『銀椀裏に雪を盛る』の宗旨にかなう茶会というものであろう」とある。【銀椀裏盛雪】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事