>   五十音順   >   ま行   >   無位真人
無位眞人

無位眞人

無位むい真人しんにん

『臨済録』
時有僧出問。如何是無位眞人。師下禪床把住云。道道。其僧擬議。師托開云。無位眞人是什麼乾屎橛。便歸方丈。
ときそうり、でてう。如何いかなるか無位むい真人しんにん禅床ぜんしょうくだって把住はじゅうしていわく、え。そう擬議ぎぎす。托開たっかいして、無位むい真人しんにん什麼なん乾屎橛かんしけつぞ、とって便すなわ方丈ほうじょうかえる。
  • 赤肉団 … 肉体のこと。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「凡聖迷悟・上下貴賤を超越して何ものにもとらわれない真の解脱人のこと。真人とは〔荘子〕にもとづく、道教の理想としての自由人を指した語」とある。【無位眞人】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「いかなる枠にもはまらず、一切の範疇を超えた自由人」とある。【無位眞人】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「どんな位にも屬さない眞の自由人。大悟徹底の人をいう」とある。【無位眞人】
  • 『禅語字彙』には、「人々本具の佛性をいふ。本來眞面目の換語にて、那一人とも本來人とも古來唱へ居れり」とある。【無位眞人】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事