>   五十音順   >   ら行・わ   >   立処皆真
立處皆眞

立處皆眞

立処りっしょみなしんなり

『臨済録』
古人云。向外作工夫。總是癡頑漢。爾且隨處作主。立處皆眞
古人こじんいわく、そとむかって工夫くふうすは、べて痴頑ちがんかんなり、と。なんじしばら随処ずいしょしゅれば、立処りっしょみなしんなり。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「あらゆる時と場合に自ら主人公となるならば、いかなるところに居ようともそこが真実の場所となる」とある。【随処作主、立処皆真】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「如何なる環境にあつても主體性を失わなければ、到る處皆眞實の世界となる」とある。【随處作主立處皆眞】
  • 『禅語字彙』には、「隨處作主とは、隨時隨處其心を物の爲めに使役せられざるをいふ。即ち隨處に本分を失せざれば、到る處皆眞實なり。又自己を沒却して宇宙の主人公となれば、其一擧一動皆眞實にして不妄なるをいふ」とある。【随處作主立處皆眞】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事