>   五十音順   >   さ行   >   霜葉紅於二月花
霜葉紅於二月花

霜葉紅於二月花

霜葉そうよう二月にがつはなよりもくれないなり

杜牧「山行さんこう」(三体詩)
停車坐愛楓林晩、霜葉紅於二月花
くるまとどめてそぞろあい楓林ふうりんくれ霜葉そうよう二月にがつはなよりもくれないなり。
  • 坐 … そのままなんとはなしに。
  • 愛 … 鑑賞する。
  • 楓林 … 紅葉林。
  • 晩 … 夕暮れ。
  • 霜葉 … 霜にあったために紅葉した葉。
  • 於 … 比較の対象を示す助字。ちなみにこの句から「紅於こうお」が楓の別称となった。
  • 二月花 … 桃の花をさす。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「楓林の紅葉が二月(春)の花の様に美しく、賞でずにはおれぬ。そのまま悟りの妙景」とある。【停車坐愛楓林晩霜葉紅於二月花】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事