>   五十音順   >   た行   >   洞中春色人難見
洞中春色人難見

洞中春色人難見

洞中とうちゅう春色しゅんしょく ひとがた

どうろく』巻九
僧云。今日和尚説法。忽有人獻花。未審如何顯示。師云。洞中春色人難見
そういわく、「今日こんにち和尚おしょう説法せっぽうたちまひとってはなけんぜば、未審いぶか如何いかん顕示けんじせん」。いわく、「洞中とうちゅう春色しゅんしょくひとがたし」。
  • 洞中春色 … 洞穴の向こう側に広がっている桃源郷。転じて悟りの妙境。
  • 人難見 … 簡単には見ることができない。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「別天地の春色、即ち悟りの妙境界は容易に知りてがない」とある。【洞中春色人難見】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……この『洞中の春色』は、陰と陽・善と悪・美と醜・是と非などの一切の相対を高く超越した悟りの世界の景観であり、相対を絶した悟りの眼をもってでなければ、それが見えないのは当然のことである。相対的な肉眼で見ようと思っても、次元がちがうのでそれが見えるはずはない。(中略)同じ自然と人生を眺めこれを処しながら、未悟の眼で見れば地獄・餓鬼がきちくしょうしゅの世界、厭うべき穢土と観ぜられ、開悟の眼でこれを眺めれば寂光の浄土と映ずる。だとしたら、禅の修行をして悟りを開き、その眼で自然を眺め人生に処し、その真趣を味わったらよかりそうなのに、そうする人はまことに少ない、お気の毒なことだという嘆きをも、この語は含んでいるのである」とある。【洞中春色人難見】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事