>   五十音順   >   あ行   >   庵中閑打坐
庵中閑打坐

庵中閑打坐

庵中あんちゅうしずかに打坐たざ

『古尊宿語要』
庵中閑打坐。白雲起峰頂。
庵中あんちゅうしずかに打坐たざすれば、白雲はくうん峰頂ほうちょうこる。
  • 峰頂 … 山の頂。山の頂上。峰頭。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「いおりの中にのんびり坐っていると、峯のいただきに白雲が湧き起る」とある。【庵中閑打坐、白雲起峰頭】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「暗中に明、明中に暗。明暗不二双々の勝れた境地」とある。【庵中閑打坐白雲起峰頭】
  • 『禅語字彙』には、「山中閑居の現成底なり」とある。【庵中閑打坐白雲起峰頭】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事