>   五十音順   >   は行   >   白雲抱幽石
白雲抱幽石

白雲抱幽石

白雲はくうん幽石ゆうせきいだ

謝霊運「過始寧墅」、『寒山詩』
謝霊運しゃれいうん始寧しねいしょよぎる」〕
白雲抱幽石   白雲はくうん幽石ゆうせきいだ
緑篠媚清漣   緑篠りょくじょう清漣せいれん
〔寒山詩 一〕
庭際何所有   庭際ていさいなんところ
白雲抱幽石   白雲はくうん幽石ゆうせきいだ
  • 幽石 … 幽寂の石。
  • 白雲抱幽石 … この句は『寒山詩』の冒頭に見えるが、もとは謝霊運の詩の一句である。
  • 庭際何所有 白雲抱幽石 … 入谷仙介/松村昻『禅の語録 13 寒山詩』〔一〕は、「わが家の庭前にあるものは何だろうか。白雲がおぐらい石を抱きかかえるように立ちのぼるばかりなのだ」と訳している。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「白雲がひっそりと隠れた石を抱いている」とある。【白雲抱幽石】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「深山の妙景。道人の心中の閑寂境」とある。【白雲抱幽石】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……世俗との交渉を断ち、俗情を払拭して深山に幽居する隠者寒山の境涯を、まことによく髣髴とさせる句である。(中略)露地草庵は利害・得失・憎愛・毀誉きよなどの世俗の塵埃を払却した、白雲深い別天地であるべきである」とある。【白雲抱幽石】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事