>   五十音順   >   や行   >   山高豈礙白雲飛
山高豈礙白雲飛

山高豈礙白雲飛

やまたかくして白雲はくうんぶをさまたげんや

えんろく』他
竹密不妨流水過。山高豈礙白雲飛
たけみつにしてさまたげず流水りゅうすいぐるを、やまたかくして白雲はくうんぶをさまたげんや。
  • 密 … 密生する。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「竹は密生していても川が流れ過ぎるのをさまたげない。山はどんなに高くても白雲が飛ぶのをさえぎらない」とある。【竹密不妨流水過、山高豈礙白雲飛】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「衲僧の無礙自在なる境界に喩う」とある。【竹密不妨流水過山高豈礙白雲飛】
  • 『禅語字彙』には、「自己を忘じたる行履は、天下之を礙るもの一もある無しの意」とある。【竹密不妨流水過山高豈礙白雲飛】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事