>   五十音順   >   は行   >   本来無一物
本來無一物

本來無一物

本来ほんらい一物いちもつ

『六祖壇経』
菩提本無樹。明鏡亦非臺。本來無一物。何處惹塵埃。
菩提ぼだいもとじゅし、明鏡めいきょうだいあらず。本来ほんらい無一物むいちもついずれのところにか塵埃じんあいかん。
  • 菩提 … 悟りの境地。
  • 『六祖壇経』には異本が多いが、ここでは法宝本六祖壇経(大正蔵所収)に拠った。ちなみに敦煌本六祖壇経(大正蔵所収)では「菩提本無樹 明鏡亦臺 佛性常清淨 何處塵埃」に作る。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「あらゆるものの真実のすがたは、本来執すべき一物もないこと」とある。【本來無一物】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「一切は空無であってなにものも実体はない。六祖慧能の偈の句」とある。【本来無一物】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「本來一物も無し。禪體驗の端的を呈示した語。教相的には、一切の存在は因縁によつて生起せるものであり、そのもの本來の自性があるわけではないということ」とある。【本來無一物】
  • 『禅語字彙』には、「森羅萬象の形相は、因縁生にて自性無き故に、執著すべき一物も無きをいふ。此句は六祖投機の偈の第三句にて、諸法の實性は本來空にして、有無得失を離れて、空、即ち平等なる旨を無一物といへる也」とある。【本來無一物】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……いやしくも六祖大鑑慧能の法系に属する禅者ならば『本来無一物』と悟り、物質的な執着はもとより精神的な執着も一切ほうして、徹底空の境涯から『雲の如くに無心に、水に似て無相』というように、洒々落々と生きるべきである。(中略)『本来無一物』の境涯をわがものとし、その『円虚清浄の一心』から運び出してこそ茶は禅に通じ、またその上に立って『無一物中無尽蔵花有り月有り楼台有り』というように、道具をあるにまかせて自由に駆使してこそ、まことのわび茶というものであろう」とある。【本来無一物】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事