>   五十音順   >   あ行   >   一滴潤乾坤
一滴潤乾坤

一滴潤乾坤

一滴いってき乾坤けんこんうるお

『景徳伝灯録』
僧問。如何是西來意。師曰。四溟無窟宅。一滴潤乾坤
そうう、「如何いかなるか西来せいらい」。いわく、「四溟しめい窟宅くったくく、一滴いってき乾坤けんこんうるおす」。
  • 一滴 … ひとしずく。
  • 乾坤 … 天地。
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……その意味は二様に解釈できる。(中略)絶対の世界は一味平等で、そこには大小・長短・広狭などの差別はない。(中略)この句は、この絶対の見地に立って、一滴の水がよく宇宙乾坤を潤すと述べたのだ、とするのが第一の解釈である。(中略)第二の解釈は、『一滴』を『曹源そうげんの一滴水』と解釈するのである。(中略)禅界を潤す五家・七宗・二十四流は、みな曹渓に発した一滴の水を源とするものである。これを『曹源の一滴水』というのであるが、『一滴、乾坤を潤す』とは、この史実を踏まえて、(中略)大鑑慧能に対する報恩感謝の意をこめた一句なのである。(中略)達磨忌・大燈忌の茶会などにはむろんのこと、利休忌・宗旦忌ないし各流の流祖忌の茶会などに掛けるのに、最も似つかしいものというべきである」とある。【一滴潤乾坤】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事