>   五十音順   >   ま行   >   看看臘月尽
看看臘月盡

看看臘月盡

臘月ろうげつ

どうろく』、『明覚録』他
どうろく、巻一〕
復擧。香林因僧問。萬頃荒田是誰爲主。林云。看看臘月盡
す、香林きょうりんちなみにそうう、「万頃ばんけい荒田こうでんたれしゅる」。りんいわく、「臘月ろうげつく」。
  • 看看 … 『新版 禅学大辞典』には、「(1)よくみる。繰り返しみる。(2)ちょっとみる。(3)みるみる中に。今にも。やがて」とある。ここでは(3)の意。
  • 臘月 … 陰暦十二月の別称。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「みるみるうちに年は暮れかかる。あっというまに一生の決着の時がやってくる」とある。【看看臘月盡】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「見る間に今年も消え去つてしまうぞ。グズグズしていると命がなくなるぞ」とある。【看看臘月盡】
  • 『禅語字彙』には、「今年も早や暮れんとしてゐるに、グズグズして居て、どうするのかの意」とある。【看看臘月盡】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「私たちは一日一日、いや一刻一刻、人生の臘月に近づきつつあるのである。(中略)人生を浪費せず、これをしゃくして大切に生きるとは、どう生きることであろうか。(中略)自己に本来そなわっている仏性を発見し、これを立派に育てあげ、いつでも、どこでも仏性そのものとして、換言すれば真実の自己として主体的に生きることである」とある。【看看臘月尽】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事