>   五十音順   >   さ行   >   歳月不待人
歳月不待人

歳月不待人

歳月さいげつひとたず

陶淵明「雑詩十二首 其一」
盛年不重來   盛年せいねん かさねてはきたらず
一日難再晨   一日いちじつ ふたたあしたなりがた
及時當勉勵   ときおよんではまさ勉励べんれいすべし
歳月不待人   歳月さいげつひとたず
  • 陶淵明の「雑詩十二首 其一」は十二句あるが、ここでは末四句のみ掲載した。
  • 晨 … 朝。
  • 勉励 … 本来は勉め励むことであるが、ここでは酒を飲んで楽しむこと。
  • 沖本克己/竹貫元勝著『これで大丈夫禅語百科』には、「時の流れは待ってはくれない。……」とある。【歳月不待人】
  • 金岡照光編『中国故事成語辞典』には、「わずかな時間をも惜しんで勉励努力しないと、あとで悔やんでも間に合わないという教え。出典の元来の意味は、歳月はすぐに過ぎ去ってしまうから、酒の飲める元気なときに、大いに飲んで楽しむべきだ、というもの」とある。【歳月は人を待たず】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事