>   五十音順   >   ま行   >   水盈科而或流
水盈科而或流

水盈科而或流

みずあなちてあるいはなが

『古林清茂禅師語録』、『恕中無慍禅師語録』他
雲無心而出岫、水盈科而或流
くも無心むしんにしてしゅうで、みずあなちてあるいはながる。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「何ものにも執われぬ自由自在なはたらき。無心の境界をいう。(岫は山の穴。科はくぼみのこと)」とある。【雲無心而出岫水盈科而或流】
  • 『禅語字彙』には、「任運無作の妙用をいふ」とある。【雲無心而出岫水盈科而或流】
  • 有馬頼底監修『茶席の禅語大辞典』には、「雲は悠々と山の洞穴から湧き、流れる水はくぼみに満ちて、またサラサラと流れだす。なにものにもこだわらず任運にんぬん自在、無心にして行じている様子」とある。【雲無心而出岫 水盈科而或流】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事