>   五十音順   >   た行   >   鳥倦飛而知還
鳥倦飛而知還

鳥倦飛而知還

とりぶにんでかえるを

陶淵明「帰去来の辞」
雲無心以出岫、鳥倦飛而知還
くも無心むしんにしてもっしゅうで、とりぶにんでかえるをる。
  • 岫 … 山中の岩穴。
  • 倦 … 疲れる。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「自己を忘じた無心の用處をいう。又現成そのままが悟りの妙趣」とある。【雲無心以出岫鳥倦飛而知還】
  • 『禅語字彙』には、「自己を忘じた行履をいふ」とある。【雲無心而出岫鳥倦飛而知歸】
  • 有馬頼底監修『茶席の禅語大辞典』には、「……雲は山から湧いて飄々ひょうひょうとながれ、鳥は飛び疲れて巣に還っていく。雲無心、鳥も無心。任運にんぬん自在じざいの大いなるはたらき」とある。【雲無心而出岫 鳥倦飛而知還】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事