>   五十音順   >   ら行・わ   >   六月買松風
六月買松風

六月買松風

六月ろくがつ松風しょうふう

『希叟和尚語録』
上堂。六月買松風。人間恐無價。
上堂じょうどう六月ろくがつ松風しょうふうわば、人間じんかんおそらくはあたいからん。
  • 『希叟和尚広録』では「六月買風。人間恐無價」に作る。
  • 松風 … 松の木に吹く涼しい風。静寂の世界を表す。また、茶の湯では茶釜の煮えたぎる音をさす。
  • 『禅語字彙』には、「詩意は、暑季の凉味の貴き意なるが、禪語としては、熱時は熱殺してこそ人間だが、冷風を求めるやうでは、禪道人の價値はないぞの意」とある。【六月買松風人間恐無價】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「暑い六月にすずやかな松風を売ろうとしたら、世間ではおそらく値がつけられまい」とある。【六月売松風、人間恐無価】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事