>   五十音順   >   ら行・わ   >   脱却籠頭卸角駄
脱却籠頭卸角駄

脱却籠頭卸角駄

籠頭ろうとう脱却だっきゃく角駄かくだおろ

『碧巌録』巻十七則、他
一箇兩箇千萬箇。脱却籠頭卸角駄
一箇いっこ両箇りょうこ千万箇せんまんこ籠頭ろうとう脱却だっきゃく角駄かくだおろす。
  • 『禅林句集』では「脱籠頭卸角駄」に作る。
  • 籠頭 … 『新版 禅学大辞典』には、「馬の口へつける籠。俗におもずらという。妄想分別、または身心を繫縛障礙する無明業識にたとえる」とある。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「煩悩妄想にたとえる。角駄は(馬の)荷物、負重のこと」とある。【籠頭角駄】
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「おもがいをはずし、鞍の荷をおろす。束縛を脱して自由になることをいう」とある。【脱籠頭、卸角駄】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「籠頭は馬具、角駄は荷物。煩惱妄想を下してサッパリした」とある。【脱籠頭卸角駄】
  • 『禅語字彙』には、「天下千萬の禪僧は、澤山に背負ひ込みながら、纔かの修行で、重荷を下ろした心地になつてゐる。籠頭は、馬の鼻首にはめる籠。角駄は馬の背荷物、四角に荷造りするより云ふ」とある。【一箇兩箇千萬箇脱却籠頭卸角駄】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事