>   五十音順   >   さ行   >   瑞気満高堂
瑞氣満高堂

瑞氣満高堂

瑞気ずいき高堂こうどう

出典不詳
  • 類語に「和気わき高堂こうどうつ(和気満高堂)」、「佳気かき高堂こうどうつ(佳気満高堂)」がある。
  • 瑞気 … めでたい雲気。また、めでたく神々しい雰囲気。佳気ともいう。
  • 高堂 … 高い屋敷。りっぱな家。茶席では茶室の意にとる。
  • 沖本克己/竹貫元勝著『これで大丈夫禅語百科』には、「夏目漱石『漱石詩集』の『三茎、石を抱いて紫に、瑞気、門庭に満つ』という詩のヴァリエーションと考えられる。(中略)三茎ほどのれい(ひじりたけなどと呼ばれる瑞草)が、庭石を覆うほど紫色に咲いていて、それによってめでたい雰囲気が庭全体に満ちている」とある。【瑞気満高堂】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事