>   五十音順   >   あ行   >   一花開天下春
一花開天下春

一花開天下春

一花いっかひらいて天下てんかはるなり

わん広録』
一塵起大地收、一花開天下春
一塵いちじんおこって大地だいちおさまり、一花いっかひらいて天下てんかはるなり。
  • 入矢義高監修/古賀英彦編著『禅語辞典』には、「一つの花が開くと天下が春だと知れる」とある。【一花開、天下春】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「一輪の花に春は大地に回り來る」とある。【一花開天下春】
  • 『禅語字彙』には、「一輪の梅花に、天下の春を知る也」とある。【一花開天下春】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……『一花開く』とは、単に梅や桜の花が咲くことではなく、『しんはつみょう』という語もあるように、心の花が開くこと、言いかえれば悟りの開けることの謂いである。悟りが開け悟りの眼で眺めてみると、(中略)この現実の娑婆世界がそのままで極楽浄土であり、はんすなわち大調和の世界である。まさに『天下春なり』である」とある。【一花開天下春】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事