>   五十音順   >   ら行・わ   >   臘月扇子
臘月扇子

臘月扇子

臘月ろうげつ扇子せんす

『景徳伝灯録』、『どうろく』、『だいろく』他
〔景徳伝灯録、巻十七、雲居道膺禅師〕
體得底人、心如臘月扇、口邊直得醭出。不是汝彊爲、任運如此。
体得たいとくするていひとは、こころ臘月ろうげつせんごとく、口辺くへんじきたり、ほくずることを。なんじいてすにあらず、任運にんぬんかくごとし。
  • 臘月 … 陰暦十二月の別称。
  • 醭 … 白いかび。
  • 『新版 禅学大辞典』には、「無用なもののこと。また、無事安閑なことにもいう」とある。【臘月扇子】
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「冬に扇子は無用。無用の長物」とある。【臘月扇子】
  • 『禅語字彙』には、「臘月は十二月の義。寒中の扇子で、誰も相手になる者はないの意。また無用の義にいふことあり」とある。【臘月扇子】
  • 『句雙葛藤鈔』には「無用処ト云心ナリ」とある。【臘月扇子】
  • 芳賀幸四郎『新版一行物』には、「……禅家で珍重する『役立たず』は、はじめからの無能のことではない。修行に修行を重ね、練磨に練磨を積んだあげくに到達する『愚の如く、魯の如し』といわれる境涯、『絶学無為の閑道人』(『証道歌』)の境涯のことである。(中略)この軸は、以上のような意味内容からいって、物でいえば『大わびもの』というべきであり、修行の若い方が掛けるにはいささかどうも不向きであろう。老境で円熟した方が『柿のへた』の茶碗などと組み合せて、歳末の茶会などに使われたら一段とおもしろいと思うが、どんなものであろうか」とある。【臘月扇子】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事