>   五十音順   >   ら行・わ   >   臘雪連天白
臘雪連天白

臘雪連天白

臘雪ろうせつてんつらなってしろ

どうろく』巻一
臘雪連天白、春風逼戸寒。
臘雪ろうせつてんつらなってしろく、春風しゅんぷうせまってさむし。
  • 臘雪 … 十二月の雪。
  • 連天 … 天につながる。大空につながる。
  • 戸 … 家の出入り口。転じて、一軒一軒の家。
  • 柴山全慶編『禅林句集』には、「十二月の雪が白く降りしきり、初春の風が切る様に寒い。そのまま眞理の妙景」とある。【臘雪連天白春風逼戸寒】
  • 『禅語字彙』には、「新年の月夜をいふ。臘雪は去年よりの宿雪なり」とある。【臘雪連天白春月逼戸寒】
五十音順
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ
月別
一月 二月 三月
四月 五月 六月
七月 八月 九月
十月 十一月 十二月
慶事